四日市の矯正の専門医院なら
よっかいち矯正歯科医院

 

お問い合わせ

web予約

〒510-0815 三重県四日市市野田2-2-27

TEL:059-327-5418

よっかいち矯正歯科医院
よっかいち矯正歯科医院

歯並びの種類Type

歯並びの種類について

不正咬合はそれぞれの状態、症状によって用いる装置や改善方法が異なります。治療前に精密な検査を行い、それぞれの症状にあった治療方法をご提案します。

よっかいち矯正歯科医院では、矯正治療開始前の精密検査によって、不正咬合の原因をつきとめ、その状態に応じて適切な装置を使用し不正咬合を改善します。そのため、当院の矯正治療において術前精密検査は欠かせないものとなります。治療開始までにお時間をいただくことになりますが、適切で正確な治療を行うためにご理解ご協力をお願いします。

見えない矯正治療をご希望の方は当院にてご相談ください。

 

当院では日本矯正歯科学会の認定医が担当

院長 秦 佑樹(日本矯正歯科学会認定医)

日本矯正歯科学会認定医
秦 佑樹

経歴

2002年 私立暁高等学校 卒業
2008年 愛知学院大学歯学部 卒業
2008年 愛知学院大学歯学部附属病院 
歯科医師臨床研修医
2009年 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 入局
2014年 愛知学院大学大学院 卒業 
歯学博士号取得(歯科矯正学)
2014年 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 
非常勤助教
2015年 京都府宇治市いなみ矯正歯科勤務
(非常勤)
2015年 日本矯正歯科学会 認定医取得
2015年 愛知県三重県の歯科医院にて矯正治療担当
2018年 よっかいち矯正歯科医院 開院

〜歯並びのことでお悩みでしたら認定医にご相談下さい〜

ご予約はお電話・またはweb予約にてお願い致します。

 

でこぼこ(叢生)

叢生とは?

叢生とは、顎の大きさと歯の大きさが合わず、大人の歯がきれいに並びきらずにガタガタしてしまう状態のことを言います。
乱杭歯や、八重歯とも言われています。

治療例
治療前 治療後
コメント 永久歯の大きさが大きく、はえる隙間が足りない状態だったので、上下の永久歯を合計4本抜歯し、隙間を獲得して固定式のワイヤー装置にて矯正治療を行いました。
治療費 702,000円
治療期間 2〜3年

 

出っ歯(上顎前突)

上顎前突とは?

上顎前突とは、上下の顎の位置・歯の位置にズレがあり、上の歯が下の歯に比べ前方にある状態のことを言います。出っ歯とも呼ばれています。

原因は?

本来、人間は鼻呼吸するのが普通ですが、不正咬合が原因で口呼吸になることがあります。特に上顎前突や下顎前突などの不正咬合によって、前歯が飛び出していて口が閉じづらい場合や、開咬によって前歯に隙間が空いている状態になると、常に唇が開いた状態になって口呼吸状態になってしまうことが多いです。

では、口呼吸がなぜいけないかというと、口で呼吸を行いますと取り込んだ空気が直接肺に入ってしまい病原菌やホコリなど空気中の不純物をそのまま体の中に取り込んでしまうことになるからです。それに比べ、鼻呼吸であれば、鼻腔を通るときに鼻腔の粘膜に不純物が付着し除去されます。その結果、鼻がフィルターの役割をしてくれるので、綺麗な空気を体内に取り込むことができます。
一方、口呼吸は不純物を含んだ空気がフィルターされずにそのまま肺に入って来ることになるので、風邪を引きやすかったり、喉の粘膜などを刺激したり、乾燥しやすくなってよくありません。

矯正治療を行い、理想的な歯並び咬み合わせを獲得し、それと同時に正常な鼻呼吸法も得られることで健康な口腔周囲機能を作ることがよっかいち矯正歯科医院での目標となります。

治療例
治療前 治療後
コメント 上顎と下顎の位置に骨格的なズレが認められたため、取り外し可能なマウスピースタイプの矯正装置を使用し、矯正治療を行いました。
治療費 800,000円
治療期間 2〜3年

すきっ歯(空隙歯列)

空隙歯列とは?

顎の大きさと歯の大きさが合わず、大人の歯がきれいに並びきらずに隙間があいてしまう状態のことを言います。すきっ歯とも呼ばれています。

治療例
治療前 治療後
コメント 顎の大きさに比べ、永久歯の大きさが小さく前歯が開いている状態であったため、舌の癖を改善する取り外し可能なマウスピースタイプの装置と舌の動きを良くするトレーニングを行い、その後固定式のワイヤー装置にて矯正治療を行いました。
治療費 702,000円
治療期間 2〜3年

 

受け口(下顎前突)

下顎前突とは?

下顎前突とは、上下の顎の位置・歯の位置にズレがあり、下の歯が上の歯に比べ前方にある状態のことを言います。
反対咬合や、受け口とも呼ばれています。

原因とは?

本来、人間は鼻呼吸するのが普通ですが、不正咬合が原因で口呼吸になることがあります。特に上顎前突や下顎前突などの不正咬合によって、前歯が飛び出していて口が閉じづらい場合や、開咬によって前歯に隙間が空いている状態になると、常に唇が開いた状態になって口呼吸状態になってしまうことが多いです。

では、口呼吸がなぜいけないかというと、口で呼吸を行いますと取り込んだ空気が直接肺に入ってしまい病原菌やホコリなど空気中の不純物をそのまま体の中に取り込んでしまうことになるからです。それに比べ、鼻呼吸であれば、鼻腔を通るときに鼻腔の粘膜に不純物が付着し除去されます。その結果、鼻がフィルターの役割をしてくれるので、綺麗な空気を体内に取り込むことができます。
一方、口呼吸は不純物を含んだ空気がフィルターされずにそのまま肺に入って来ることになるので、風邪を引きやすかったり、喉の粘膜などを刺激したり、乾燥しやすくなってよくありません。

矯正治療を行い、理想的な歯並び咬み合わせを獲得し、それと同時に正常な鼻呼吸法も得られることで健康な口腔周囲機能を作ることがよっかいち矯正歯科医院での目標となります。

治療例

治療前 治療後
コメント 上顎と下顎の位置のズレ、および前歯の位置に前後的なズレがあったため、取り外し可能な骨格的位置を改善する装置を使用し、その後固定式のワイヤー装置にて矯正治療を行いました。
治療費 702,000円
治療期間 2〜3年

 

口が閉まらない(開咬)

開咬とは

開咬とは、上下の歯の位置・骨格的なズレ、あるいは舌突出癖や指吸いの癖により前歯が咬まなくなった状態のことを言います。

治療例
治療前 治療後
コメント 上下の歯の位置にズレが認められたため、上下の永久歯を合計4本抜歯し、上下の前歯を舌側に移動して固定式のワイヤー装置にて矯正治療を行いました。
治療費 702,000円
治療期間 2〜3年

 

矯正治療の流れ

詳しく見る

歯並びの種類

どんなお悩みをお持ちですか?
患者様それぞれに最も適した治療方針をご提案し、
苦痛なく歯列矯正を行っていただけることを目指しています。

でこぼこ(叢生)

出っ歯(上顎前突)

すきっ歯(空隙歯列)

受け口(下顎前突)

口が閉まらない(開咬)

口が閉まらない(開咬)

コンセプトConcept

アクセスAccess

駐車場8台あり

よっかいち矯正歯科医院

〒510-0815
三重県四日市市野田2-2-27

 

yokkaichi44ortho@gmail.com

TEL:059-327-5418

GoogleMAP