四日市の矯正の専門医院なら
よっかいち矯正歯科医院

 

お問い合わせ

web予約

〒510-0815 三重県四日市市野田2-2-27

TEL:059-327-5418

よっかいち矯正歯科医院
よっかいち矯正歯科医院

見立たない矯正Inconspicuous

目立たない矯正装置

最近、矯正相談で患者さんから「見えない装置で矯正できますか?」と質問をいただくことがよくあります。
現在、見えない矯正装置と呼ばれる矯正装置は、”透明の矯正装置”または”裏側に装着する装置”の2つが挙げられます。

矯正装置の種類

1. マルチブラケット装置

従来の矯正装置のイメージは、 銀色の装置が歯の見えることについている金属タイプの装着が主流でありましたが今では、装着が白または透明タイプの装置も選択が可能です。

どちらも広く矯正治療で用いられる装置なので、一般的には矯正治療というと、この装置のイメージが大きいのだと思います。
これらの装置はマルチブラケット装置と呼ばれ、歯列矯正には欠かせない装置となっています。

金属タイプ 白または透明タイプ

 

2. マウスピース型矯正(インビザライン)

取り外し可能なオーダーメイド透明マウスピースによって、少しずつ歯の移動を行います。歯科医師の経過観察のもとでマウスピースを新しいものと交換して、歯を最終位置まで移動させていきます。

マウスピース型矯正のメリット
装置が見えにくい マウスピースの素材が透明ですので、装着していてもほとんど目立つことはありません。光のあたり具合で若干見えることもあります。
歯磨きがしやすい 取り外し可能なので、食事や歯磨きの際は装置を外していただきます。装置が入ってない状態では、通常の歯磨きと変わらず磨くことが可能なので、固定式の装置と比べ虫歯のリスクは低減します。
いつでも取り外し可能 結婚式や卒業式、成人式など節目のお写真を撮影する機会で、固定式の装置ですと、一時的に装置を撤去することがありますが、マウスピース矯正では装置の着脱をご自身で行っていただくので、来院していただく必要がないです。
マウスピース型矯正のデメリット

- 準備中 -

 

このように、目立たない矯正にも種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。
よっかいち矯正歯科医院では、患者さんのお望みに沿えるよう、出来る限りの快適な見えない矯正を推奨しております。

歯並びの種類

どんなお悩みをお持ちですか?
患者様それぞれに最も適した治療方針をご提案し、
苦痛なく歯列矯正を行っていただけることを目指しています。

でこぼこ(叢生)

出っ歯(上顎前突)

すきっ歯(空隙歯列)

受け口(下顎前突)

口が閉まらない(開咬)

口が閉まらない(開咬)

コンセプトConcept

アクセスAccess

駐車場8台あり

よっかいち矯正歯科医院

〒510-0815
三重県四日市市野田2-2-27

 

yokkaichi44ortho@gmail.com

TEL:059-327-5418

GoogleMAP